歯をしっかりと残すなら根管治療が一番いい

従来の進行した虫歯の治療とは

虫歯が進行して歯根や神経までその菌が到達してしまうと、従来ならば抜歯を行ったり、歯を大きく削り根本の神経をすべて除去するという治療が行われていました。しかしながらこうした治療方法では完全に菌を除去することが難しく、場合によっては完全に菌を除去することができず歯根部で虫歯が再発し、その結果歯槽骨を溶かしてしまい歯がぐらつき最終的に歯そのものを失ってしまうということがありました。根管治療ではこれらを改善した治療法が用いられます。

根管治療とはどんな方法で行うか

根管治療は虫歯を削り神経を除去するまでは従来と同じ方法です。しかしその先の方法が少し違います。その違いとはまず根っこ部分に残った神経を徹底的に除去します。少しでも残ってしまうとそこからまた更に菌が広がってしまうこともあるので、ほぼ完璧といえるレベルまで神経を除去するのです。また神経と同様に歯根部分の滅菌も完全に行います。これらの治療によって虫歯の再発と歯槽骨への悪影響をシャットアウトし、治療が完了します。

根管治療で保険が適用されるかどうかは治療法次第

根管治療で保険適用となるかどうかはその治療方法によって違いがあります。まずパーフェクトに出来る最新式の治療を使った場合には保険適用とならない場合があります。この場合には全額医療費が自己負担となります。次に通常の根管治療を受けた場合ですが、この場合には保険診療出来る例が多くなっています。その歯科によって根管治療で保険が適用になるかどうかが変わりますから、事前に問い合わせて確認してから行くのが大事です。

根管治療は歯の根を消毒するので歯の寿命が大きく異なります。神経も徹底的に除去する場合があるので予防も徹底しています。