進化を続ける近年の歯科治療の方向性とは!?

従来の治療方法といえば

さて、みなさんは歯科治療といえばどんなイメージを持っているでしょうか。やはり、大きな嫌な音がする、痛くて怖い、治療回数が多いなど、あまり良いイメージを連想しないかもしれません。恐らくそのせいで、歯医者さんから足が遠ざかっているのではと思われます。ですが、時間の経過と共に歯科治療技術はどんどん向上し、進化をしているのです。

音もなくて、痛くない?

歯科治療をする際、虫歯を部分を削る時はどうしても大きな音がして、振動や場合によっては痛みを感じてしまいます。しかし近年では、レーザーを使った治療法が存在しています。これは簡単に説明すると、専用のレーザーを使用して虫歯の部分を除去するといった方法です。この方法なら音も振動もなく、痛みを感じる心配もありません。麻酔をする必要もなく、虫歯のみをピンポイントで取り除く事が可能なので、健全な歯質まで削ってしまう事もありません。

技術が向上しても、忘れてはいけない事

歯科治療では時に、どうしても麻酔が必要な時があるかもしれません。麻酔の注射も、痛いイメージしかないかもしれませんが、実は麻酔の技術も変わってきているのです。麻酔のやり方は、医院によって異なる場合があります。従来よりもとても細い注射針を使用したり、注射の前に、痛みをなくすために表面麻酔を施したりと、患者さんに痛みを与えないように麻酔の技術も向上しているのです。しかし、どんなに技術が上がっても、大切な事を忘れてはいけません。それは、一度虫歯にして治療した歯は、健全な歯と比べて寿命が短くなってしまう事です。なので治療が終わった後でも、もう虫歯を作らないために、定期的に検診を受けるようにしましょう。

荻窪での歯科を利用することで、歯の健康をしっかりとキープすることができます。そして、アフターケアの方法も教えてくれます。