知って得する!インプラントのメリットとデメリット

インプラントのメリット

インプラントは、歯を失ってしまった人が歯を取り戻すための一つの手段です。

具体的な治療方法としては、失ってしまった歯の部分の顎の骨にドリルで穴を開け、人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付けます。

確実に骨に新しい歯を取り付けますので、ガタついたりせず、まるで自分の歯のように使うことができるのがメリットです。物をよく噛むことができるので、顎の骨が歪むこともなく健康的な生活を送ることができます。また、見た目も本物の歯とそっくりになりますので、美しい仕上がりとなります。

インプラントではなく、ブリッジなどの手法を用いた場合、隣り合う歯を削ることもあるため、健康な自分の歯を犠牲にしてしまうこともあります。

インプラントのデメリット

インプラントを行うのであれば、あらかじめデメリットについてもしっかりと理解しておいた方が良いでしょう。

まず、インプラントを行なった場合、しっかりとメンテナンスをしないと歯周病になってしまう可能性があります。歯周病になってしまうと、せっかく取り付けた人工歯根が抜けてしまうこともあるのです。この対策としては自分自身で歯磨きをしっかりと行うのはもちろんですが、定期的に歯科医に通い歯石を撮ってもらう必要があります。

また、インプラント治療は時間がかかることは覚えておいた方が良いでしょう。CTによる検査や噛み合わせの確認を行わなければなりませんし、人工歯根が骨にしっかりと定着するまでは最低3ヶ月ほどの期間がかかります。

杉並区で行うインプラントの治療効果は、患者の症状の程度によりますが、経験豊富な医師に対応を任せることが成功につながります。